【英会話の旅 vol.3】PROGRIT体験記1日目

みなさん、こんにちは!
前回の【英会話の旅 vol.3】PROGRIT体験記0日目の記事はいかがでしたでしょうか??

小達の英語力や、PROGRITさんに決めた経緯は全てこちらに記載してあるので、お時間ある時にでもお読み頂けたらと思います。


さて、今回からは遂に、PROGRITさんでの本格的な勉強が始まります!

そこでまずはじめに、読者の方への諸注意です!

諸注意!

こちらの内容に関しては、完全に日記感覚の記事となっています!

しかしここでのメインは、
実際にPROGRITを受講して、どのようなことを経験し、受講前と受講後でどのように変わったか
を計測することなので、ありのままの自分の意見を記載しています!


「英語学習に悩んでいる方」や「すぐにでも英語が話せるスキルを身に付けたい!」と考えている人に、PROGRITを実際に受講するとこうなるよ、という成長のログを見せていけたら、ここでの目的は達成されます。


自分自身、英語が全くできず本当に悩んでいたので、そういった自分と同じような悩みを持った方々の1つの救いになることができたらと思います。

この点を押さえて頂きながら、記事を読んで頂けたらと思います。
では早速、「PROGRIT体験記1日目」の中身の方に入って参りましょう!

勉強時刻

PROGRITさんではまず、当日の勉強時刻の予定を立てます。
そうすることで、一日の中にあらかじめ「英語を勉強する時間」を強引に確保することができるからです。

ちなみに僕の勉強予定時間はこんな感じです!

勉強予定時刻

単語:8:30~9:30 in ドトール
文法:18:00~19:30 in スタバ
精読:19:30~20:00 in スタバ
シャドーイング:23:00~24:00 in 自宅

合計4時間

実際の勉強時刻

単語:8:40~9:40 in ドトール
実施内容:「キクタン TOEIC TEST SCORE 600」のDay1~Day10

文法:19:00~20:30 in スタバ
実施内容:Mr. Evine「中学英文法を修了するドリル」のPreテスト&Lesson3まで

精読:23:45~0:30 in 自宅
実施内容:東進ブックス「英語長文 レベル別問題集(超基礎編)」を用いて文章の構造分析

シャドーイング:0:30~1:30 in 自宅
実施内容:TEDの音源をオーバーラッピング&シャドーイング

=合計4時間15分

このように、当初予定していた時間とは全く異なる時間に勉強することになりました。

しかし、最低ラインである「4時間」の勉強時間を確保できたことは良かったです!

全体を通して

朝の目覚めから何まで、1日の予定を細かく設定したのは初めての経験でした。

基本、時間にゆとりを持たせながら行動する私にとって、10分単位で予定が全て決まっていることは、ものすごくストレスに感じます。


しかしそれと同時に、常に忙しい状態を好む私にとって「朝から夜までびっしりと予定が詰まっているのは楽しいな」と、どこか心の奥で感じてしまう自分もいます。

自由に動きたい私と、忙しい状態が好きな私、このPROGRITの活動を通じてどのような変化が現れるのか、非常に楽しみです。



さて、そんな話は置いておき、肝心の一日の振り返りを行いたいと思います。
(ただ今夜中の2時30分。。。あと30分で書き終えよう。。。)

単語に関して

まず、単語に関しては、既視感のある単語が多かったため、そこまでストレスには感じませんでした。
というのも、元々TOEICの勉強の際に、金フレなどに触れていたからです。
そのため本日の内容は、特に大きなストレスを感じることなく、学習できたと思います。


しかし一方、完全初見の単語が来たときには、若干(かなり)の不安があります。
というのも、一度リクルートさん提供のスタディーサプリにコミットしていた際、聞いたこともないような単語の連続問題が出てきた時に、心がぷっつりと折れてしまいました。

使われているシチュエーションが思い浮かぶ単語なら良いのですが、全くその単語が使われている情景が思い浮かばないとほぼ覚えられないため、非常に悩ましいところであります。(特に短い単語、今回の例で言うとfine=罰金など)


とりあえず、頑張るしかないか。
勉強していく上で生じた悩みは、コンサルの方に相談していきたいと思います!


なお、本日60分間で取り組んだ内容はこんな感じです!

取り組んだ内容

キクタン600Day1~Day10の周回
・1周目20分
・2周目13分
・3周目13分
・4周目9分
・振り返り5分

文法に関して

中学英語からやり直せるのは、本当にありがたい。テストの為の勉強しかしてこなかった私にとって、中学英語から学び直せるのは本当に最高です。

なお、本日90分間で取り組んだ内容と、つまずいた点はこちらです!

取り組んだ内容

・SV文型
(英文では、場所→時の順番で表記することを初めて知った。。。ここでのVは自動詞なのかふむふむ。)

・SVC文型
(S=C(Cは名詞or形容詞なのか!初知り!笑)、ここでのVは不完全自動詞なのかふむふむ。)

・SVO文型
(S≠O(Oは名詞オンリーか!笑)、ここでのVは他動詞なのかふむふむ。)

こんなレベルのものを学びました笑

皆さん笑うかもしれませんが、僕、本当に悲惨なくらい英語ができないので、このレベルからやり直さないと割と本気でやばいんですよ…(こんなんで海外本当にいけるのか…)


しかし、勉強が元々嫌いではない方だったので、改めて1から学ぶのは楽しいなと、心の底から思います。
ちゃんと学ぶ目的があって、ゴールが見えているからこそ、勉強は楽しいんだなと、実感します。

これ、教育でも本当に大切なところですよね。
なんでこの単元を学ぶ必要があるのか、この必要性を説明できる先生こそ、真に優秀な先生だと僕は思います。

精読に関して

SVOCの振り方すらこんなに忘れているのか、と言うほど酷かった。。。
控えめに言ってやばい。控えめに言わなくてもやばい。


教材の著作権さえなければ回答見せたいレベル。「悲惨」という2文字がよく似合う結果でした。。。


文章の内容自体はとても簡単なのに、なぜSVOCが振れないのか。本当に基礎が全部抜けているんだなーと痛感。
ある意味、精読に取り組んでいる瞬間が、過去の自分に対して一番内省してる時間な気がします笑


本当に、昔の自分何やってんだ、って感じです。
しかし、過去を振り返っても何も始まらないので、今はとにかく、自分ができることを少しずつこなしていきたいと思います。


ちなみに、本日読んだ文章の内容を一文で要約すると「英語を学ぶと世界で戦うことができ、夢の幅が広がる」ってことです。

いかにも第1問目らしい問題ですよね、出題者さん最高!大好き!
明日も頑張るぞ!(自分を奮い立たせる)

シャドーイングに関して

そもそも、話している内容を文章におこしても理解できないという事件。控えめに言ってもやばいな…

シャドーイングに関しては、正直なところ、めちゃくちゃ面倒だなーと感じながら、数をこなしていました。きっと、この気持ちがダメなんだろうなぁと、今になって反省中です。。。(明日はもっとやれるはず…はず…)



個人的な感想ですが、シャドーイングに関しては夜にやった方が良いのかなと感じました。理由は簡単で、声に出して練習するので、眠くならないからです。

なので今後も眠くなりそうな時には、意図的にシャドーイングをしていこうかなー、なんて思っています。

ちなみに、シャドーイングの音源はTEDで、オーバーラッピングを10回、シャドーイングを25回程度行いました。


単純作業嫌いなんだよなぁと、心の中のリトル小達が叫びつつも、その気持ちを抑えながら、明日も頑張っていきたいと思います!

最後に

これでPROGRIT体験記1日目を終わりにします!

少しでも興味が出た方は、無料体験(正式には無料コンサル体験?)を受講してみてください!

何かしら良い経験になると思います!



ここまで読んで頂き、誠にありがとうございました!
Twitter(@knocku_datep)もフォローして頂けると嬉しいです!


Thank yoü

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事