PROGRIT(プログリット)体験記-1週目を終えて

本日をもちまして、ついに....


PROGRIT体験記が1週目を終えました!!!

やったぁぁ!
ここまで意外とあっという間でした!

ちなみに、PROGRITをよく知らないという方は、以下の公式HPをご覧下さい!

さて、それではPROGRITさんの元での1週間を過ごしてみて、自分自身が大きく変わったことを以下にまとめていきますね!

「勉強の習慣化」

何より、これが一番大きかったです。

まず、なぜこの習慣化が自分にとって最も大きな成果だったか、説明していきますね。

背景

小達はこれまで「テストで良い点を取ること」のみに焦点をあてて、勉強をしてきました。
そのため、テスト1週間前に詰め込む勉強法しかしてきておらず、毎日勉強するといった受験勉強のような勉強法に、小達自身全く慣れていなかったのです。

この点から、小達の今までの勉強法が垣間みえてきたかもしれませんが、継続してコンスタントに勉強する、という経験を本当に全くしたことがなかったんです。(したとしても、本当に小学生の頃の算盤くらいです。)

背景を踏まえて

このような背景を踏まえると、小達の英語学習における一番の課題は

勉強を習慣化すること

ということができます。
この点を改善するのに"最も"適していたのが【PROGRIT】 だった、というわけです。


PROGRITでは、毎日の勉強時間を逐一報告するのですが、この報告を怠るとものすごく申し訳ない気持ちになるんです。

だってコンサルの方は、いわばこれで給料を貰っているようなものですし、教え子がちゃんと勉強していなければ、上司や経営者層からの圧力がとんでもないことになってしまいます。



私は、自分自身をコンサルしてくださっている方に、少なくともそんな思いはさせたくない。なんなら、今までの受講生の中で一番の伸び率で卒業し、コンサルの人の役職がグレードアップするように貢献してやる!と、思ってるくらいの気持ちです。



そのため、1日4時間の勉強時間が確保できなそうな日でも、寝る時間を削って、勉強していたんです。
これが僕の中での「勉強の習慣化」に最も良い影響を与えてくれたと思います。


言い方が良すぎるかもしれませんが、自分自身のために勉強するより、誰かのために勉強する方が、モチベーションが上がるタイプの人間なのかもしれません。もしかしたらですが。。。笑

「隙間時間の有効活用」

次に大きかった変化が隙間時間の有効活用です。

自分で言うのもあれですが、私自身有難いことに、何かと毎日忙しくさせてもらっているので、日中に勉強時間を確保することが難しかったのです。


とは言いつつも、電車の中での移動時間など、使えそうな時間は多くあったのですが、その時間はいつも「携帯をいじること」に終始しており、生産性のない時間を過ごしておりました。


以前は自分も、単語帳を開いてみたり、何か他の生産性のあることをしようと思いながら行動はしていたのですが、どれも長続きはしませんでした。(今思えばこれも、学ぶ動機が低かったからなのだと思います。)


しかしこの点は、PROGRIT受講日初日に述べた、

1日4時間は勉強時間を確保する

の発言のおかげで、改善することができました。


コンサルタントの方に言ってしまった以上、迷惑はかけられない。
自分で宣言した以上、ハードルを下げるのはダサい。


一日の中であまりまとまって時間を確保できない自分にとって、4時間と言う数字を達成することは困難を極めました。

初めのうちは(今もですが笑)、寝る時間を遅くし、その遅くした分の時間に勉強時間を詰め込む、というスタンスをとっていましたが、次第にそのスタンスにも限界が訪れ、それだけでは賄えないくらいの時間確保が必要になりました。



その時に出てきたのが、隙間時間の有効活用です。

これまでのPROGRIT体験記を読んできてくださって方は分かるかもしれませんが、小達は段々と、勉強時間を小分けにしてこなすようになってきたのです。

実はこれ、電車の移動時間などといった細かい時間を駆使し、勉強時間に当てていたからなのです。


このようにPROGRITさんのおかげもあり、隙間時間の有効活用と言った面でも大きく変われたなと、強く感じています。

最後に

ここで述べたこと以外にも、大きく変われた点はたくさんあります。
しかしこれは、また2週目の振り返りの時にでも述べたいなと考えております。


では、本日はこのくらいにして、また英語の勉強に戻りたいと思います!(本日分の勉強がまだ終わってない...笑)


少しでも興味が出た方は、無料体験(正式には無料コンサル体験?)を受講してみてください!
これだけでも、自分の英語学習を見直すめちゃくちゃ良い経験になります!(受講した後に感想等くれるとめちゃ嬉しいです!笑)

ここまで読んで頂き、誠にありがとうございました!
Twitter(@knocku_datep)もフォローして頂けると嬉しいです!




Thank yoü

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事