【イップス】という名の地獄-vol.5

前回の記事では、接骨院に通い始め「逃げ癖」がついた事。

そして、担任の先生から煽られた事によって勉強にコミットし、「負けず嫌い」「他人を蹴落としてでも這い上がろう」という性格が出てきたという事をお話ししました。


今回は、接骨院に通い始め、数ヶ月経った後の出来事をお話ししていきます。



では、ここから本編に入ります。

止まらぬ後悔

今思えばおかしな話なんですが、接骨院に通い始めたのが5月の中旬。

そこから1ヶ月近く、怪我は一向に治る気配をみせませんでした。


接骨院の院長先生は

「炎症はもう治っているはずだから、他の部位が影響しているのかもしれない」

と、直接怪我している部位とは関係のない、背中や下半身の施術も行うようになりました。


そして更に、

「ボールを投げないと投げ方を忘れてしまうから、少しずつボールを投げる練習を再開しよう」

と、6月の下旬からボールを投げる練習を再開しました。


これが最悪の結果をもたらす事になります。


実はこの時、私の肩は炎症どころの騒ぎではなく、損傷していたのです。


そんな状態で患部をマッサージしたり、電気を流したり、ボールを投げ始めたりしたものですから、私の肩も治るはずがありませんでした。


また、ここでキャッチボールを再開した事により、遂にイップスという名の地獄の扉が開き始めます。

地獄の入口

院長先生からゴーサインの出た私は、早速キャッチボールを再開しました。

入念にアップを行い、接骨院から教わったストレッチも勿論しっかり行いました。


そしていよいよ、至近距離でのキャッチボールを始めました。

至近距離でのキャッチボールは、不思議な事に全く痛みを感じませんでした。

しかし 10 [m] 以上の距離でボールを投げようとすると、肩に痛みが走るのです。


この状態でも、院長先生は少しの痛みなら続けた方が良い言うので、私はキャッチボールを続けました。(塁間以上になると、激痛により耐えられなくなったのでMax 20 [m]程の距離でキャッチボールを行いました。)


そう、この経験がイップスへの序章となります。


この時、私の三角筋は損傷していました。

以前の記事でも説明しましたが、三角筋はボールを投げる際に必須となる筋肉であり、ここが損傷した状態では通常ボールを投げる事はできません。


その状態で、私はボールを投げ続けたのです。


三角筋を庇った状態でボールを投げ続けた事により、私のピッチングフォーム(ボールを投げる動作の事)は完全に崩壊します。


そう、痛みを庇った投げ方が身体に染み込んでいったのです。


また、痛みを感じた状態で投球動作を繰り返した事により、


「ボールを投げる=痛みを感じる行為=怖い」


という指令が脳内に刷り込まれて行く事になります。


取り除こうと思っても取り除く事のできない、憎き指令が脳内にへばりついてしまったのです。

最後に

ここまでが、イップス至った背景の序章になります。


次回からは、イップスが深刻化していった背景などについて、お話ししていく予定です。




次回もお楽しみに。


では、本記事はここまでにします。


もしよろしければ、各種SNSも見て頂けると嬉しいです。
主にオランダに関すること、教育に関すること、起業に関することを投稿しております。


Twitterアカウント:@knocku_datep

Instagramアカウント:@knocku_datep



ではまた!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事