【オランダ】アムステルダム散策Part-3

前回の「アムステルダム散策Part-2」に引き続き、今回もアムステルダム散策の内容をメモしていきたいと思います!

アムステルダムと言えば「Red Light(レッドライト)地区」を思い浮かべる男性陣も多いのではないでしょうか!

今回は、そんなレッドライト地区を散策した内容を少しだけ綴ります(笑)


では、ここから本編に入ります!

いざ街へ!

さすがアムステルダム。

周辺にも面白そうな建物がたくさんあります。


まず初めに、子連れの方にオススメしたいのはここ。

SCIENCE MUSEUM〜(ドラえもん風)

小さな子供から大きな子供まで楽しめる場所になっています!(ちなみにこの建物の屋上は半端ない...)


そして勿論、日本人お馴染みのこのお店もアムステルダムにはある...

IZAKAYA〜

うむ、オランダ東部では決して見る事ができません(笑)

日本人も住みやすい+観光しやすい街作りになっていて、さすがアムステルダムやなぁと!

レッドライト地区

そしてなんやかんやあって遂に...


レッドライト地区へ到達しました!


レッドライト地区を知らない方へ軽く説明すると、レッドライト地区=風俗街の事です(笑)

現地の方は口を揃えて「あんな場所には行くべきではない」と言います(笑)


実際その通りで、かなり危険な地区でありました。


しかも衝撃なのが、子供も普通に通る道沿いにレッドライト地区は位置しており、側からも十分に見る事ができるのです。

通りにはアダルトショップなど、未成年の方にはかなり刺激の強い玩具や服装などが置いてあるという...(普通にやばくないか...)

尚、コロナの影響から風俗店は9月まで閉店のため、そういったお店は全て閉まっていました...(なので今回は外からチラッと見た程度です!)


また実をいうと、レッドライト地区そのものの写真もないのです...

というのも、レッドライト地区に入った辺りから、スリに後ろをつけられていたのです。(同行していたオランダ人の友人が気付いてくれました。)

その影響もあり、写真を撮る事ができなかった...

なのでここでは、レッドライト地区を抜けてすぐの所にある「オススメ写真ポイント」を載っけておきます(笑)

反対側には色違いのものも!

インスタグラマーが撮ったら映えるんだろうなぁ....

最後に

海外初心者の方にRed Light(レッドライト)地区はオススメできません(笑)

何か盗まれるか、ぼったくられる未来しか見えてこないです!

勿論、慣れてきて自己責任が取れるようになったら話は別ですが!


では、アムステルダム散策Part-3はここまでになります!


もしよろしければ、各種SNSも見て頂けると嬉しいです😆
主にオランダに関すること、教育に関すること、起業に関することをメインに投稿しております!


Twitterアカウント:@knocku_datep

Instagramアカウント:@knocku_datep



ではまた!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事