【自分史】10歳編

今回は10歳の頃を振り返っていきます。

10歳といえば、体育の授業での骨折が印象的です。

また、この時期も9歳の頃と同じく、野球とゲームにどっぷりハマっていました。

特に、PSPを購入して楽しんでいたモンハン2ndGや、親友の家で遊んだFSPゲームなど。

今でも鮮明に思いだせる、色濃い思い出がたくさん詰まっているのが10歳です!

そして初めての告白も実はこの時に...

10歳

「骨折」

これが1番の出来事でした。

骨折。

忘れもしません。

体育の授業でI君の全力ダッシュと私の腕が衝突し、竹の串骨折をしました(正式名称は「竹節骨折」というのですが、お医者さんが竹の串骨折と言っていた記憶が強く、今でもこの名前で記憶しています笑)。


骨折した際の感覚は今でも覚えていて、全く左腕に力が入らなかったんです(利き腕じゃない方の骨折で本当に良かった)。

そして、少しでも動かすと激痛が走りました。


ちなみにその場では骨折している事に全く気付かず、家に帰っても痛みが治らないので病院に行ってみた結果、初めてそこで発覚したという...

骨折が発覚した後は、腕を固定するギブスを作成し、腕に装着しました(一切動かす事のできない強固なやつで、一度つけると病院以外で外せない仕組みになっていました)。


ここからの生活がまぁ大変で、お風呂に入る際には腕に袋を被せて濡れないようにし、風呂以外でも左腕を汚さないよう意識して過ごしていました(当時、昼休みに流行っていたドッチボールや野球に参加する事ができなかったのはとても辛かったなぁ...)。


そしてなんと言っても、このギプスが臭いのなんの。

臭すぎて一刻も早くギプスを取りたいあまり、牛乳を飲みまくった記憶があります(確か、当時1番身長が伸びた気がする...)。


ちなみに私、臭いに対してとても敏感なんですが、もしかするとこの経験から人一倍臭いに敏感になったのかもしれないです...

身の周りでの出来事

骨折が直った後、校舎の裏庭で遊んでいた際に、窓ガラスを割った記憶があります。


その他にも、家族と一緒にど田舎までお米を買いに行った記憶があります。確か、社会か何かの授業でお米に関する宿題が出たのですが、わざわざその為に家族総出で出掛けたんです...


加えて、なぜか学校関連の事をものすごく覚えていて、放課後の学校主催のクラブ活動(毎週木曜日の放課後に実施)では、ソフトボールクラブに入っていました。

4年生以上の生徒は入る事が義務付けられており、楽しみにしていたのですが、先輩たちが怖く、なかなか思うように野球を楽しむ事はできませんでした...


その他にも、なぜかSさんが書いた俳句が今でも記憶に残っているんです。ちなみにその俳句はこちら。


「繭の中、蚕はどんな、夢見てる」


当時、蚕農家のご自宅に社会科見学をしたのですが、その後にSさんはこの俳句を発表し、確か何かしらの賞を受賞していました(余談ですが、この蚕農家は後に、とある火災に巻き込まれることになります)。



さて、話は急に変わりますが、この年は人生で初めて告白をした年でもありました(告白と言えるか分からないが...)。

好きになった女の子はSさんという方で、スポーツをしている姿がとても美しく、その中でも特に眼元が好きだった記憶があります。

当時の私はそんな彼女に対し、色紙上(クラスのみんなからの寄せ書きを書くやつ)に「好きです」と書くという、なんとも信じられない行動で告白をしたのです。

今思い返しても信じられないんですが、クラスの全員が見るSさんへの色紙に、私は「好きです」と書いたのです。まじで謎です。

しかも、直接ではなく紙を通して告白するあたり、当時の自分がいかにチキンだったのかを物語っているような気がします...


ちなみにその返事は...

好きだった事

野球とゲームが本当に大好きでした。

言わずもがな、学校の休み時間では毎日野球。そして放課後もグラウンドや、公園などでキャッチボールをしていました。

当時は確か、HR競争などもして、よく近隣住民の人たちに怒られてました...

もちろん野球の他にも、公園全体を使った鬼ごっこや、自転車を使った町内鬼ごっこなども行いました(今思えば、自転車を使った町内鬼ごっこが人生で1番楽しかったかも)。


また、ゲームにもどっぷりハマっていて、親友の家に泊まり込みでモンハン合宿なども行っていました。

モンハン合宿というか、ゲーム合宿って楽しいなぁと。好きな友達と、好きなゲームで1日中遊べるって神じゃないですか。もう本当に最高でした。


ちなみにこの頃は、S君という友達の家で、パワプロポケット10のサクセスストーリーもやり込んでいました。

基本的にゲームで遊ぶ時は友達の家が多く、自宅は母が厳しかったことから友達を呼んだ事がほとんどありませんでした。


「野球」と「ゲーム」

こんな面白いものに出会えた私は幸せ者です。



さて話は変わりますが、当時の私は「もの」を燃やす事が大好きで、よく隣の祖父宅で枯れ木などを燃やしていました。

また、休みの日には父と軽トラで畑まで行き、ガソリンがどれほど燃えるのか実験をしました。

結論から言うと、ガゾリンって実はあまり燃えないんです。燃えるっちゃ燃えるんですが、それは一時的な「ドーン」といった、一瞬派手なだけという感じでした。


また畑繋がりでいうと、この年は「裸足で栗畑を疾走する」という愚行を犯しまして、大泣きした事を覚えています。

よくよく考えれば、足の裏に栗のトゲが刺さって痛いって事が分かるじゃないですか。しかし当時の私は、そんなことも考えられないほど行き当たりばったりな生活を送っていたのです。


またその他に、この頃記憶に残っている事としては、従姉妹と遊ぶ事が楽しかったのを覚えています。

従姉妹とはよくゲームをしながら遊んでいたんですが、お互いシャイな性格からか、なかなか会話をせず、何か事が起きるまで毎回1時間以上はかかっていたと思います。


シャイかつおとなしい性格も、この頃からだったんですかね〜。

嫌いだった事

字を書く事が嫌いだったのを鮮明に覚えています。

特に書道の授業が嫌いで、夏休みの宿題も書道だけが本当に嫌でした。

字が上手くなかったから、という理由もあるんですが、書道や硬筆って、一度間違えたら全て初めからやり直しじゃないですか。いわばセーブ機能のないRPGゲームのような感覚で、そんなの私には到底耐えられるものではありませんでした。

こんな背景もあり、私は字を書く事が好きになれませんでした。


その他には...

不思議なんですが、なぜか全く出てこないんです。

小学生最高。万歳。

母親談

三年生の後半あたりからI君と仲良くなって、四年生でも同じクラスでやっと「仲の良い友達」ができ、あなたらしさが出てきた。

段々調子に乗り過ぎるような事も出てきて、良くも悪くも男の子らしさが出てきた頃。


父の記憶では、この頃のあなたは「答え(正解)のある問題」を解くのが大好きで、その事に燃えていた印象が強いらしいそう。そろばんとか算数とか。逆に自分の意思が答えになるもの(感想文とか)が苦手で、嫌いだったよねと言っていたらしい。


初めて怪我らしい怪我をしたのもこの頃。後にも先にも野球以外の怪我ってこれだけじゃないかなぁ。

ちなみにその怪我をしたのは、体育の授業のポートボール中。学校から電話がかかってきて、病院に行ったのを覚えている。

学校の先生は捻挫だと思いますよ〜って言っていたけど、実際は折れていた(というか骨が潰れていた)。

あまりにも平常心で、痛がったり辛そうな表情もしていなかったからだと思う。身体が強かったから平気だったのかな。

母は不謹慎にも、ちょっと嬉しかったんだよねぇ。初の男の子らしい出来事で。

話を聞いて

答えのある問を解くのが好きで、答えのない問を解くのが苦手。

まさに今の自分を見てるみたい。

幼い頃からの自分ってなかなか変わらないですよね。

最後に

野球にゲーム、そして告白。

ちゃっかりエンジョイしてたなぁ。

小学生の頃って本当に楽しい思い出ばかりで、嫌な事がほぼ思い出せない。

そしてその楽しかった頃の記憶は、今の自分の中にも確実に残っている。

人生って面白いなぁ。


ではまた!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事