【トビタテ】オランダ留学スタート

留学までのあらすじ

遂に留学前日となりました。

トビタテ留学JAPANの選考を受けようと考え始めたのが、2018年12月。


そこから1次審査や2次審査があり、トビタテ留学JAPANの代表に採用されたのが2019年6月15日。


そしてトビタテ壮行会後のイベント幹事を務めたのが7月28日。


その後、受入先機関から拒否された経験を挟み、受入候補先にメールを打ちまくった8月。


留学前にトビタテ事務局でインターンを始めた9月。


メールを打ちまくった2ヶ月後、受入予定先の候補が決まった10月。


気付けば事前研修及び、研修会後のイベント幹事などを務めた11月。


受入先決定、変更申請の手続きと受入先への資料提出、卒論のトリプルパンチに追われた12月。


卒論清書と発表練習、変更申請後の行動を想定し、動いた1月


直前になり、コロナという留学に大打撃を与えかねない事象が登場した2月。



いやぁ。トビタテ応募前はもっと気楽にいけるもんだと思ってたんだけどなぁ。

なんだかんだ大変でした。


特に、メールを打ちまくった8月、12月の変更申請手続き、直前のインターンイベント・卒論発表・留学準備のトリプルパンチはキツかった。


尚、私の留学内容をまとめた記事はこちらになります。

留学が始まる!

とまぁ、前置きはこの程度で、遂にオランダ留学が始まります。

明日(2/26)の11時30分頃、オランダに直行便で向かいます。

飛行機の件も、本当に大変でした。当初はカタールか韓国経由で行こうとしていたものが、コロナの恐れから直行便で行かざるを得なくなるという。

しかも、オランダ日本間の飛行機は、片道より往復チケットの方が安いとかいう謎のバグがあること、そして往復チケットが1年以内という縛りがあることから、帰りのチケットを無駄にすることに。(私の留学は1年1ヶ月なので、ギリギリ帰りのチケットが利用できないのです)


とまぁ、紆余曲折ありましたが、なんとか無事に留学を開始できそうでホッとしています。

今の気持ち

留学前の今の気持ちを、留学中、留学後に読み返したいなぁと思い、このブログを書きました。

正直なところ、「ワクワク9 : 心配1」 というのが、留学開始前の率直な気持ちです。

心配な気持ち

まず、なぜ心配な気持ちが出るのか、説明したいと思います。

この心配事は大きく2つあり、その中で最も大きな要因を占めているのがコロナウイルス(COVID-19)についてです。


留学が始まる直前、ホームステイ先の方から「日本のコロナは大丈夫なのかい?」と詳しく聞かれました。


家の位置が感染者がいる地域から離れているかどうか、身内に感染者がいないかどうかなど、英語に不慣れな私は「もしかしたらホームステイ先に受け入れられないのでは?」「留学自体中止になるのでは?」と内心怯えていました。


また、オランダでは発症者が未だ0ということもあり、「もしかすると私がきっかけで感染を広めてしまうのではないか?」とも考え始めてしまいました。


しかし結論から言うと、ホームステイ先の方々がオランダ保健局に問い合わせて下さった事もあり、無事に受け入れて頂く事になりました。


本当に良かったです。


しかしこの一件を通じて、健康面での不安が芽生えました。


花粉症のアレルギーを持っている私がオランダに到着し、もしアレルギーを発症して、くしゃみや咳が止まらなくなってしまったらどうしよう。どうしてもこの不安だけは取り除けません。


終わってみればなんて事なかった、となる事を祈るばかりです。体調管理には細心の注意を払って、日々の生活を過ごしていきたいと思います。



2つ目は、親族関係です。

母親が心配性すぎる事に加え、祖父母の体調面がどうしても不安でなりません。

特に母親は「超」が付くほどの心配性で過保護な点もあるので、かなり心配です。

また祖父母の体調も良いとは言えない為、かなり不安です。もし留学中に何かあったら...


考えてもしょうがないですが、どうしても不安になってしまいます。少しでも不安な点を解決できるよう、頻繁に連絡を取り合うよう意識したいと思います。

ワクワクな気持ち

私はこれまで、部活動やら教職やら首席を目指したりやら、色々と忙しく過ごしてきました。

従ってこれまで「まとまった自由な時間」というものを得たことがありませんでした。


一般的な大学生であれば、「夏休みだー!自由な時間だー!」となるのでしょうが、常に部活や勉強が付きまとっていた私は、そのような経験を小学生以来一度もしたことがありませんでした。(補足すると大学1年生の時に唯一、1ヶ月間のグアム留学を行いました。この時に得た経験、ワクワクが今回の留学に踏み切った1つの要因にもなっています。)


常に何かに追われていた私にとって、この留学期間という余白は、確実に今後の自分を左右する大きな経験・財産になると思います。


久々に得た人生の余白を、この留学中どのように過ごしていくか、今からワクワクが止まりません。


また、遊ぶ事に恐怖心を覚えていた私は、今まで心の底から「遊ぶ」という感覚を味わったことがありませんでした。常に何かに追われていたので、どうしても心のどこかで「焦る」感覚を拭えなかったのです。


しかしこの留学はいい意味で「焦る」という感覚をなくして過ごすことができると思います。


「自分の好きなことだけに没頭できる環境に初めて身をおく経験」


これは今後の自分にとって、間違いなく大きな影響を与える経験になると思います。



そして実は、私はこの留学を終える(2021/3/31)と同時に、大学を自動的に卒業します。(これに関してもかなり特殊な方法を使いました。この件もあり、卒論は他の人よりしんどい思いをしました)


しかし、大学卒業後の進路は、まだ何も決めていません。


自分でした決断ですが、この決断にはものすごくワクワクしています。今まで、高校大学と推薦で進み、トビタテに応募する前は、大学の推薦で埼玉県の教員になろうと考えていました。

そんな私にとって、留学後の不確定な未来というのは、ワクワクしかありません。

今取り組んでいることをそのまま続けるのか?
大学院に進学するのか?
ロンキャリに参加して海外で就職するのか?
起業するのか?
田舎で農業でもするのか?
そのままオランダに住むのか?

など。


今の私には多くの選択肢が残されています。この決まりきっていない未来に挑戦できる、「自由」に選べる環境というのは、おそらく私に大きな財産をもたらしてくれると思います。

本当に、ワクワクしかありません。


「自由に選べる不確定な未来」

今の私にとって、これ以上ワクワクする言葉はあるのでしょうか。おそらくありません。

それくらい、ものすごくワクワクしています。こんなに自由な環境に身を置ける事に、私自身とてもワクワクしています。


加えてオランダという「自由」を尊重する国に身を置ける事にもワクワクしています。


自由を求め続けた私が、自由な国に行った時、どう思うのか。

「自由すぎるのはやっぱりダメだ」と思うのか。はたまた「自由最高!」と思うのか。

とても楽しみです。


もちろん、留学テーマも忘れてはいません。

以前書いた記事があるのでここで詳しくは述べませんが、「今現在の私」が1番興味のある分野(起業家教育、理工系人材育成)の活動に取り組みます。


「自由であることは、主体的であること」

私の中での自由の定義はこれです。

この定義に沿った活動を、1年間続けることができたらなと、思っています!


このブログを通じて、1年後に私がどう変わったのか、皆さんにお見せできたらなと思います。

特に、私の事をよく知ってくださっている方には、「180°変わったね」と言ってもらえるくらいに、自らの殻を破っていきたいと思います。

具体的には、今までの私なら絶対にあり得なかった分野(芸術分野など)にも挑戦していきたいと思っています☺️


私自身、今までの自分がどうも好きになれませんでした。

「やりたい事は多くあるけど、結局何をやりたいのか分からない」「心から熱狂できるものに出会えない」「他人を信用できない」「自分を信用できない」

全てとは言いませんが、自分の中に新たな「余白」ができた時、どこから変わっていくのか、そして何色に染まっていくのか、とても楽しみです。


そのような変化を、このブログで残していけたらなと思っています。

最後に

最後に体調面ですが、「睡眠と食事」、これさえ怠らずにしっかりすれば、なんとかなると思っています。

メンタル面についてあまり心配はしていませんが、「何事も修行だ!」と考えれば凹まないタイプなので、この意識だけ保ち続けたいと思います。



いよいよ明日です。とりあえず1ヶ月、次に半年、次に1年間、次にそれ以上。

調子には乗りすぎず、尚且つ自分らしさを忘れず、そして感謝の心を持ち続け、自分の可能性を信じ続けながら、様々な事に挑戦していきたいと思います。


そして「殻を破る」

これをテーマに、頑張っていきます!


ここまで読んで頂き、ありがとうございました!


Thank yoü

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事